猫に合わせたキャットフード選び

泌尿器症候群用キャットフード

猫を飼っている人にとって、共通して気を付けていることが、猫の水分摂取量だと思います。 それはいったいなぜでしょうか?

猫は水分補給が苦手な動物で、水分不足は泌尿器系や腎臓への深刻な問題をもたらすためです。 猫の泌尿器系の疾患はとても多く、苦痛を伴うものもあります。

さらに、水分摂取の為にと、わざわざウェットキャットフードを選んでいる方もいるでしょう。 しかし、普段与えているキャットフードが原因で、泌尿器系の疾患を引き起こすことがあります。

では、泌尿器系の疾患を引き起こさないキャットフードはどんなもので、また、既に泌尿器系の疾患を持つ猫には、どんなキャットフードが向いているのでしょう。 泌尿器系の疾患の症状はどういったものか、そして、それを引き起こす原因になるキャットフードと、予防できるキャットフードをご紹介します。

代表的な疾患は尿石症

猫の泌尿器官の全てに関わる病気の総称を「泌尿器症候群」略して「FUS(フス)」と呼びます。 キャットフードのパッケージに「FUS対策に配慮」などと書かれていることがあります。 泌尿器症候群(FUS)で最も代表的な疾患は尿石症で、これは尿路結石とも言われ人間の男性も同じ病気にかかることがあります。

  • おしっこの姿勢を取るのに出ていない
  • 排尿の時に痛そうな素振りを見せる
  • 血尿が出る、
  • トイレ以外の場所でおしっこをする。

などの症状が現れた場合は要注意です。 猫が尿石症にかかると、尿の出が悪くなりトイレに頻繁に通うようになるからです。 尿石症は、尿の中に結晶や尿石が出来て、それが尿道を塞いで詰まらせたり、結晶の鋭い先端が膀胱を傷つけたりします。

キャットフードが尿石症を引き起こす原因

尿の中に結晶や結石が出来る原因の一つに、おしっこがアルカリ性に傾くことがあります。 猫の尿は通常、弱酸性ですが、マグネシウムやリン、カルシウムなどのミネラル成分が増えた結果、尿のpHバランスが崩れアルカリ性に傾きます。

この、尿のpHバランスを崩すマグネシウムが、市販のキャットフードに含まれている過剰な塩分なのです。 原材料を見て、無機塩類であるマグネシウム含有量が高いものほど、塩分が多いということです。

普段与えているキャットフードが、知らず知らずの内に尿石症を引き起こしているのです。 日本には、キャットフードの栄養価に対する基準値が定められていませんが、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を取り入れています。

このAAFCOによって定められたマグネシウムの最低摂取量は、幼猫で0.08%、成猫は0.04%とされています。 マグネシウムは歯や骨を生成するのに必要な栄養素でもありますから、この基準値が最低ラインです。

この基準値よりもはるかに多いマグネシウム含有量のキャットフードは、尿石症を引き起こし、また悪化させる引き金になります。

キャットフードで泌尿器症候群(FUS)の予防を

泌尿器症候群(FUS)の主な症状は尿石症で、キャットフードが大きく関係することが分かりましたね。 どの猫も発症の可能性がある泌尿器症候群(FUS)ですが、キャットフードを注意して選ぶことで、そのリスクは格段に低くなります。

キャットフードで、泌尿器症候群(FUS)を少しでも改善、また予防するコツをお教えします。ミネラル成分の配分が悪い、塩分過多のキャットフードを与えていたせいで、尿のPHバランスが崩れアルカリ性になって尿石症を起こした場合。 バランスの良い栄養素だけで作られたキャットフードに変えることによって、猫の尿のPHバランスは正常になり、尿石症を発症することも無くなるでしょう。

また、ペットボトルのミネラルウォーターなど、中でも硬水はマグネシウムやミネラル分が豊富なものが多く、猫の飲料には適さない傾向にあります。 せっかくマグネシウム含有量が低いキャットフードを選んでも、無駄になってしまいかねません。

日本の水道水は安全で、敬遠されがちな塩素も、猫にとっては、水入れに長時間置かれる飲み水の劣化を防ぐという利点があります。 マグネシウム含有量が低く、無添加のキャットフードで、泌尿器症候群(FUS)を予防することが出来ます。 大切な猫と、末永く楽しい時間を過ごすためにも、普段の食事から変えて行きましょう。