猫に合わせたキャットフード選び

ウェットフードのメリット・デメリット

ウェットフードを選ぶときはしっかり、メリット、デメリットをチェックしておきましょう。

まずメリットから挙げると、

食い付きが良い

単純な理由に思えますが、美味しく食べてくれるというのは 何より大切なことです。 特に病気や老齢の猫には必要なことですよね。

水分を多く含んでいる

猫は本来、水を摂取するのが苦手な動物です。そのせいで腎臓に疾患を持つことも少なくありません。そこで、水気の多いウェットフードにすることにより、自然に水分を摂ることが出来ます。

添加物の少ないものが多い

ドライフードに比べウェットフードは、食事ごとに開封するため 保存の必要が無く、必然的に添加物が少ないものが多いのです。 猫の健康を長期的に考えると、大きなメリットです。

カロリーが低い

ウェットフードの75%は水分なので、同じ量を食べた場合ウェットフード方がずっと低カロリーで済むのです。

まるまるとしている猫はそれは可愛いものですが、やはり寿命の事を考えると、気を付けてあげなければいけませんね。 家飼いで、運動不足になり肥満傾向にある猫にウェットフードはぴったりなのです。

ウェットフードのメリットは結構大きいですね。 では、続けてデメリットを挙げていきます。

価格が高い

なるべく美味しいものを食べさせてあげたいとは思うものの、毎日のことですからこれは当然ネックになってきます。

口内環境に気をつける必要がある

歯ごたえがある故に自然と歯垢や歯石のお掃除をしてくれるドライフードに比べると、ウェットフードは柔らかく食べやすいので、口内のトラブルが起こりやすいものです。 日頃から、口が臭くないか、歯茎が赤く腫れていたりしないか、まめに口内チェックをしてあげたほうが良いですね。

獣医さんによると、一番良いのは歯磨きをしてあげることだそうで、やわらかいガーゼを指に巻いて優しく表面をこするだけでも効果があるとのこと。

しかし、そう簡単に歯磨きを許す猫はいませんから、歯磨き以外の予防ケアとして、ドライフードと混ぜてあげたり、歯磨き効果のあるおやつをあげるのも良いです。 外側がドライタイプで中身はソフトタイプのものなどを選べば、噛む力が弱い仔猫や老齢の猫でも、楽に自然と口内のケアが出来ますね。

保存がきかない

添加物が少ないゆえに、一度開封したものは保存がききません。 冷蔵庫で保存するとしても、そもそもそう長く持つようには作られていないことを忘れないでください。

原材料は肉や魚が主ですから、一日、二日のうちに消費したほうが安心でしょう。 大きな容器に入っていて、短期間に食べきらないものは、小分けにして冷凍保存している人もいるようです。冷凍する場合でも一か月のうちには使い切りましょう。 そして、夏場はお皿の食べ残しの腐敗にも充分注意してください。

総合栄養食でないものが多い

そのフードと水だけで十分な栄養を摂取できるフードを「総合栄養食」といいますが、ドライフードに比べてウェットフードは総合栄養食でないものが多いため、それだけでは栄養が不足しがちになってしまいます。

しかし、それは、別のフードとミックスなどして、足りない栄養素をプラスすることにより、たんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミン、水分、とバランスの良いフードにすることが可能なのです。 フードに記載してある表示を良く見て、組み合わせてみてください。

トイレの臭い

ウェットフードにすると、便の臭いが強くなることがあります。 こちらも室内では意外と大きなデメリットになります。

しかし、優れた消臭効果のあるトイレ砂や消臭剤もたくさんありますので、それらをうまく使って臭いを抑えましょう。

ウェットキャットフードのメリットとデメリットを挙げてみましたが、いかがでしょうか。 何が合う、合わないは、猫それぞれの体質や性格にもよりますから、体調や年齢に沿ったものを選んであげることが一番だと思います。

実際、友人の飼う猫は加齢のせいで食が細くなり、元気が無くなっていったので、ドライフードからウェットフードに変えると、毛並みと目の輝きがまるで変わりました。ブラッシングしなくても艶々としていました。今は食欲旺盛過ぎて、ダイエットが必要に見えるほどです。

猫が元気で長生き出来るように、食べ物には充分気を付けてあげたいものですね。 参考: 厳選素材のグルメなウェットタイプのキャットフード